占いのやかたMOON > 九星占いコーナー

九星占いコーナー

2018年9月

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は艮宮同会します。目標的なものがハッキリするとエネルギーが強くなります。可能性が膨らむと気持ちが充実するでしょう。 今は、門内美を競うです。イライラ感があります。焦らずに進むしかありません。 焦りが強くなると、先に進むことが出来なくなります。蔦を体に巻き付けている状態です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は離宮同会します。とても見晴らしが良い場所になります。全体を俯瞰することができます。沢山の方との出合いがあるのです。 その出合いを生かすことがポイントです。気をつけて欲しいことは、争いの種が見えます。 地勢淵にのぞむと見えています。崖っぷちになります。客観性を大事にすることです。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎宮は水の場所と言われています。水の性質を考えてください。形がありません。方円の器に従います。 合わせる傾向が強くなります。思いついたことを、勉強すると良いでしょう。雨後苔色が見えます。 雨が降った後、苔は鮮やかな色になります。健やかな状態が来るでしょう。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は坤宮同会します。準備・段取りを用意する月になります。備える気持ちがとても大事になります。鳥を見て矢を失うと見えます。鳥が飛んできた時、取ろうと思っても矢がなければ取ることはできません。その矢を用意しておくことが大事です。 用意できれば、大丈夫です。用意できない場合は無理をしないでください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は震宮同会します。気あって形なしとの言葉があります。行動したくてもできないことを表しています。 震宮は基本的に行動した方が良い状態になります。思いついたことを行動すると運気が上がります。 暗夜灯を揚げる状態が見えてきます。暗闇で灯を灯す人間関係が生まれます。行動がポイントです。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は巽宮同会します。幸せを呼び込む場所と言われています。幸せは不信感がありますと、逃げてしまいます。 心を開いて信ずることから始めることです。石の上に蓮を植えてはいけません。枯れてしまいます。 見極めたら、信じて進んでください。とても納得した人間関係が築けるはずです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は中宮同会します。新しいことは基本的にしないことが大事になります。八方塞がりの月です。気あって形なしで良いでしょう。 見極めるエネルギーを大切にすることです。客観的に進むことが運気を上昇させます。山中に木を植えてください。 少しずつ育っていきます。千里の道も一歩からです。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は乾宮同会します。鯉が龍門に登る姿が見られます。登竜門です。エネルギーが強くなる月になります。 そのエネルギーを生かすことがとても大事になります。そして、生かして楽しむことができるのです。 気をつけて欲しいことが一つあります。思い込みです。思い込みが強くなりますと、月が霧の中に隠れてしまいます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しめる月になれます。楽しむためのポイントがあります。集中して努力することです。 正に、地を掘って宝を得るです。ただ簡単ではありません。破れ屋を繰り返し修繕することを忘れないでください。 すると今まで明かでなかったものが、ハッキリ見えてきます。楽しむことができます。
Copyright(C) 占いのやかたMOON .All right reserved.