ホームページの製作

6年前にホームページを新たに製作依頼した会社があります。

会社の名前はアバンセです。
担当者は平田さんになります。

平田さんは占いMOONのホームページを6年間に渡り、見守り続けてきていただきました。

現在、占いMOONのネットでの検索ランクは数年間もナンバーワンを維持しております。
これは、ひとえに平田さんのホームページ製作に対する熱意と企画力によります。
すばらしいアウトブレーンを持てたことに感謝しています。

平田さんは私のわがままな要求に、反発することなく、常に対応してこられたことをありがたく思っています。

これからも、占いMOONのホームページは進化を続けて行きます。

占いMOONを発展させるために、平田さんの力は欠かすことが出来ません。

これからも、末長くMOONのホームページを見守り続けていただきたいと願っております。

今日の鑑定

85才の女性が見えました。
2回目になります。

相談内容はこれから居酒屋を開くのですが、時期は大丈夫かとの相談でした。

六白金星の人になります。
とても自立心が強く、思い付くとやらないと気がすまない性質を持った人になります。
思ったことをズバリ言ってしまいます。

驚いたことに彼女は車イスに乗っています。
人の手を借りないと、生活が出来ない人です。
その女性が、これから居酒屋を開くのです。

周りの人からは大反対をされたと言っていました。
一般的には反対することが普通だと思います。

運命鑑定をしました。
周りの助けを受けて、やっていけると出ていました。

すばらしいエネルギーを持った人です。
私も鑑定した後で、仕事に向かう情熱のスゴさに感動してしまいました。

今を生きる、生きざまをあらためて思い知らされたのです。

鑑定を超えて、人の生き方を教えていただいた気持ちです。

心に染み渡る言葉

今までに、自分の心に染みる言葉はあまりありません。

人は自分に自信がない時があります。
その時にかけていただいた言葉は、今も心に染み渡っています。

その言葉をかけていただいた人に、常に感謝の気持ちが出てくるのです。

人は一生の内で出会える人は多くありません。

まして、心に染みる言葉を言っていただくことは少ないでしょう。

私は昨年のテレビ番組に出演した時になにかしら不安を感じを持っていました。

その時に、その不安を聞いていただいた人がいました。

言っていただいたその言葉が今でも忘れられません。

感謝しています。

人は弱いものです。

心に染みる言葉を言える運命鑑定をしたいと、常に思っています。

手相について

手相を観る時のポイントがあります。

まずは、生命線と頭脳線とのつながりを確認します。
その人の行動性を観るのです。

次に行動性のバランスが保たれているかどうかを確認します。
そして、2面性を持っているかを観ていきます。
行動性を抑制しているかをチェックします。行動性を抑制している人には運気が下がることを理解してもらうようにしています。
細かい線が多い人は繊細でナイーブな人ですので、気にしない自分がいることを思い込むように指導をしています。

手相は基本3線が一番大切になります。
それは生命線、感情線、頭脳線の3線になります。
この3線の相互作用を明確にすることができれば、手相鑑定は一人前と言ってよいと思います。

手相は縦線と横線に分れます。
手相学では縦線は運気が強いとみます。
横線は逆に運気が弱いとみています。

横線の多い人は心配性でマイナーになりやすく、疲れやすい人と判断しています。
縦線の強い人は自立心が強く、自分で運命を切り開ける人と言われています。

よく生命線から運命線が出ている人を観ますと、資格を持って独立している人が圧倒的に多いのです。
この運命線も縦線になります。

俵紋もエネルギーの強い人に多くみられます。俵のように見えますので生活には困らないとの解釈する先生も多いようです。

ただ、手相鑑定の場合は縦線と横線のバランスがとれていることが大事になります。
横線が多く、縦線を阻害している場合は縦線の俵紋を持っていても運気が良いと見ないこともあります。

手相鑑定でフィッシュ線と言って魚の形になっている人はどうだとか、と言った見方をする場合があります。

それは本来的な手相鑑定ではありません。
手相鑑定は縦線と横線の相互のかかわりかたを観ることがポイントです。

形にとらわれて判断すると、本質的な面が見えなくなってしまいます。

手相鑑定も運命鑑定です。あくまでも、線と線とのつながりを通して明確にその人を観ることが大切になります。

ロケに行きました。

昨日はあるテレビ番組からの依頼で、山梨県の廃校に行って来ました。

番組名は発表は出来ませんが、テレビに出演致します。
オンエアーは3月の後半になる予定です。

番組内容も公表できない約束になっています。

このテレビ番組に出られたことで、楽しい経験をさせていただきました。
いずれ皆さまに公開されます。

その時は、楽しんでみていただきたいと思っています。

鑑定について

易占鑑定する時の心構えがあります。

得卦(最初に得られた卦)には問いかけた答が、必ずあることを信ずるのです。
信ずることで答が明確になってきます。

体調が悪い時は時間がかかってしまう場合もあります。
その場合も必ず答があると自分に言い聞かせています。

易占はある意味で不思議な世界でもあります。

不思議なことを信じられない人もたくさんいます。
それはそれでいいのです。

無理やりに、答を押し付けてはいけないと思います。

私は自分の存在が、この大自然のなかでの必要とされる存在だと思っているのです。
そして自然との同化作用が易占の本質だと考えています。

これからも、大自然との同化を極めていきたいと思っています。

今日の鑑定

午前にリピーターの男性の相談者が見えました。

その時に、先生のスケジュールは予約が一杯で予約が取りにくくなりましたと言っておられました。
またその後で、テレビで私が言った言葉がニュースでブレイクされていることを教えてもらいました。

『気にしていません』と言ったことが話題になっているみたいです。

好意的な意見が多く寄せられているとリピーターの男性は言ってくださいました。

私は当てるために鑑定をしていません。
私の鑑定は相談者が『現在の状態』と『近い将来』を明確に知っていただき、幸せになるための指導をすることです。
ですので、テレビでの当てゲームは結果がハズレでも全く『気にしていません』になります。

テレビはバラエティーとしてみていただけば、それで良いと思っています。

人間は、気にすると抑制作用が働き行動が出来なくなります。
結果として運気が下がってしまいます。

ですから『気にしていません』になります。

鑑定について

この10日間は、予約がびっしりつまっていました。
体調もあまり良くなく、私にとってシンドイ10日間でした。

そのなかで、本日ネット予約された方から体調に気をつけてくださいとのメッセージを受け取りました。

大変有難い言葉をいただいたことに、感謝の意を表します。

本当にありがとうございます。

この10日間で、感じたことがありました。
それはテレビ出演に伴い、ハンター線を持った相談者の方が圧倒的に多かったことです。
手相学でハンター線は生命線と知能線の間が離れている人のことを言います。

このハンター線を持っている人は思い付くとすぐにやりたくなる人です。
私がテレビ出演した時に、私に鑑定をして欲しいと思いついた人です。
そして、すぐにネット予約をしたのです。

鑑定に来られた時に、どうして来たのですかと聞きますと、揃ってすぐに鑑定をして欲しかったとの答でした。

ハンター線を持った人は、やりたくなったら直ぐに行動に移す人です。

この10日間は、ハンター線を持った人がかなり多く来られたのです。

これから来られる人は、ジックリ考えてから来られる人が多くなると思います。手相学で言う、農耕民族の人になります。生命線と知能線がしっかり1本の線でくっついている人です。

お陰さまで体調も大分回復してきました。

これからもしっかり鑑定して、相談者の方に良い方向性を導けるように精進したいと思っています。

鑑定予約

久しぶりのブログになります。

ブログが出来なかった理由が2つあります。
ひとつは、体調が悪かったことです。
風邪を引いてしまい、咳がひどく眠れない日もありました。
ブログを書く気力がありませんでした。

もうひとつは、テレビに出た影響もありました。普段の予約の1.5倍になり、鑑定時間が長くなり休む時間がなくなってしまいました。

この2つが重なり、大変な8日間でした。
今日は、大分体調が戻ってきたのでブログに向かっています。

まだ、完全な状態とは言えません。
できるだけ、睡眠をとり体力の回復に努めたいと思っています。

今後とも、よろしくお願いします。