占いのやかたMOON > 九星・易占コーナー

九星・易占コーナー

2021年 9月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は艮宮同会します。目的意識を持つとエネルギーが強くなります。易でみますと、「雷火豊」になっています。隼が獲物を取っている姿が見えます。獲った後が大切です。次の獲物を探さないといけません。流れは、「雷天大壮」になります。やり過ぎに注意してください。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は離宮同会します。離れる場所になります。集中しますが飽きっぽい傾向です。易でみますと、「水山ケン」です。落とし穴に注意することです。思い込みは危険になります。流れはとても良くなります。「水地比」です。方向性が出てきます。和める状態になれます。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所になります。水は形がありません。どんな形にも従います。 また、常に流れています。切り替えが大切です。易でみますと、「火水未済」です。太陽が海に浮かんできます。実を結ぶ状態になります。流れは、「山水蒙」です。辛抱してやり続けると花が開いてきます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は坤宮同会します。準備、段取りを作る場所になります。すべての人間関係は準備と段取りがポイントになります。 易でみますと、「地水師」です。崖っぷちです。緊張感が大切になります。しっかり見極めてください。流れは、「雷水解」になります。交流が今一つです。しっかり進んでください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は震宮同会します。行動したいエネルギーが強くなる場所です。易でみますと、水風井になります。海の人は魚を求めます。自然なことです。病気の人は満足に仕事はできません。 流れは、「沢風大過」になります。頭が二つある蛇が見えています。方向性が定まりません。 決まりますと、突進してしまいます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は巽宮同会します。幸せを呼び込む場所と言われています。易でみますと、「雷風恒」になります。並びいく関係になります。咎めもなく誉れもない状態です。夫婦関係の原点になります。流れは、「火風鼎」です。とても良い変化がきます。 しかも、安全な関係性になります。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は中宮同会します。一般的には八方塞がりの場所と言われています。易でみますと、「風沢中孚」になります。鍋と釜は蓋を得ています。料理が美味しくできます。家庭的な気が支配しているのです。流れは、「天沢履」になります。尊いものと卑しいものの区別がついてきます。虎の尾を踏んでも喰われません。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は乾宮同会します。物事の始まる場所と言われています。単独行動性になり、直感が優れた気が支配しています。 易でみますと、「沢山咸」です。気の交流が盛んになります。正に春が来ているのです。 流れは、気をつけることです。 「水山ケン」になります。落とし穴があります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は兌宮同会します。主体的に楽しみを求めるようにすると良いと思います。なんとなくはいけません。易でみますと、「水雷チュン」が来ています。龍が水中でもがいています。形が見えません。流れは、「風雷益」になります。 良い風が吹いてきます。その風に載ってください。楽しめます。

2021年 8月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しんでいける場所になります。易でみますと、「火風鼎」です。良い変化が表れてきます。3本の足を持っている器が見えます。安定性が強く、料理の味が良く変化をしてきます。しかも安全になります。流れは「天風コウ」です。滅多にない出会いがあるでしょう。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮宮は少年の場所でもあります。何か目標を持つことを勧めます。 易でみますと、「雷地予」です。大地に潜んでいた雷が地上に出てきます。ただ、時期を見極める必要はあります。時期をわきまえないとスッキリしなくなります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は離宮同会します。頂上運です。見晴らしはとても良いのですが、思い込みに注意が必要です。易でみますと、「雷沢帰妹」になります。少女が男を追いかけます。逆になってしまいます。流れは「雷水解」です。 川を渡ったのに、びしょびしょでスッキリしません。エネルギーが発揮できません。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎宮に入った時は勉強を勧めます。身に付くからです。今月は勉強に勤しんでください。易でみますと、「地沢臨」です。勉強をすると素直な気が支配してきます。流れは「地天泰」です。 正に充実感がもたらされます。気持ちの良い月になれます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所です。やさしい気持ちが強くなり、何でも受け入れてしまう傾向になります。 易でみますと、「水山ケン」です。受け入れ過ぎはいけません。落とし穴にはまってしまいます。注意してください。 流れは「沢山咸」になります。相手との交流ができます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は震宮同会します。行動するエネルギーの場所になります。直感で動くことがポイントになります。易でみますと、「天沢履」です。分をわきまえることになります。気遣いする事で、大きな問題は生じません。流れは「天水訟」です。思い込みが強い時は、人間関係が悪くなります。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は巽宮同会します。そよ風が吹いている場所になります。その風を活かしてください。急に突風が吹く時があります。易でみますと、「風地観」です。花を見ている内に、雨にふられます。状況観察が必要になります。流れは「風水渙」です。良い風になります。風に乗って進んでください。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は中宮同会します。産まれた場所になります。これからスタートするつもりで取り組むと良いと思います。易でみますと、「震為雷」です。龍が見えています。まだ形がありません。流れは「火雷噬ゴウ」です。噛み合わせができません。人間関係に気をつけてほしいです。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は乾宮同会します。乾いている場所で、物事が始まる場所になります。易でみますと、「風地観」になります。風がいろいろなモノを巻き上げます。しっかり見極めてください。流れは、「風山漸」です。山に苗木を植えてください。確実に育っていきます。

2021年 7月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動が強くなる場所です。直感を活かして行動することを勧めます。易でみますと、競い会うエネルギーが強くなり集中力が出てきます。周りとの調和性があり、気遣いができます。 気をつけてほしいことは、思い込みが強く自分の気持ちを押し付けてしまいます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しめる場所になります。気持ちが対象と同化するとより楽しめるでしょう。 易でみますと、いろいろと思い付きますが集中することができません。窓より月を見ている状態です。気あって形が見えてきません。焦らないことです。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は艮宮同会します。山がそびえています。どの山に登るかを選ぶことが大事になります。 易でみますと、飛鳥が山を過ぎるになります。山の選定に気をつけてください。 流れは、雷が大地を出て大いに盛んになります。しっかり見極めて行動してください。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしの良い場所です。見極めていくと運気は上がります。 易でみますと、山と沢の気が交流しています。春の陽気が満ちています。楽しい気持ちが持てるでしょう。 ただ、その楽しさに溺れてはいけません。ケジメをつけることが必要です。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎宮は水の場所になります。水は絶えず流れています。流れが止まると腐ってしまいます。気持ちの切り替えが大切になります。 易でみますと、焦ってはいけません。墓穴を掘ってしまいます。無理して進む必要はないのです。じっくり進んでください。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所と言われています。 与える喜びの気が強くなるのです。 易でみますと、与えることで全てが始まります。良い変化が生まれてきます。ただ与え過ぎはいけません。親しめるようで、疎んじる気が生じます。ほどほどにすることが大事です。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は震宮同会します。震はふるえる気になります。動くの暗示です。イメージは動く時に必要です。 易でみますと、新月が池に映っています。新月は見えない月ですので、池には映りません。妄想が強くなります。妄想は思い込みに繋がります。齟齬が生じやすいので気を付けると良いとでしょう。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は巽宮同会します。 幸せを呼び込む、そよ風の場所になります。巽宮で結ばれるカップルが多いと言われています。易でみますと、龍変化を示すの象 万物資って始まるの意です。スタートする月になります。そして決断力が強く、障害を乗り越えていけます。天に昇る龍が見えています。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は中宮同会します。生まれたばかりの赤ちゃんの場所になります。あらゆるモノを吸収できるのです。 易でみますと、月が霧で隠されています。鶯が春を待っている状態になります。 太陽が日中に大地を照らし、大地が豊かになっていきます。

2021年 6月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は中宮同会します。生まれた場所であり、出口がない塞がりの場所でもあります。人の助けがないと生きることができない場所です。 易でみますと、水の中に棲む龍が天に登っていきます。流れは、腐った草からホタルが生まれます。正に変化の気が表れてきます。この変化を活かしていくことが大事です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は乾宮同会します。直感性に優れた場所になります。ヒラメキが強く、単独行動ができます。何かを始めるには良い月です。易でみますと、豊かな大地が広がっています。大地の恵みを受けてください。流れは、太陽は必ず西に沈みます。しっかり休息を取ることを勧めます。休むことは、物事のタイミングを取る上で大切になります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しめる場所と言われています。楽しい時は緊張感はありません。時間と一体になれます。易でみますと、楽しんだ後に空虚さが表れてきます。そこに不安感が生まれて、緊張感に繋がります。自分をしっかり見つめることが必要です。 流れは、黄色い幸せの花が野原いっぱいに咲きほこっています。そして素直な気持ちが生まれてきます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は艮宮同会します。目標を持つとエネルギーが強くなる場所と言われています。モチベーションを明確化すると良いと思います。易でみますと、海人は魚を求めて生計を立てています。当たり前のことです。そこに目標設定が加わると、満足感が生まれてきます。流れは、人との出会いを活かすことが大切です。納得できる人間関係が生まれます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は離宮同会します。集中力が強くなる場所と言われています。集中力はエネルギーとして大事です。集中力を身に付けると運気はアップします。易でみますと、山の上に関所があります。その関所が鎖じています。通れません。 思い込みを棄てることです。がんじがらみになっています。流れは、今の状態ですと明るさが見えて来ません。見極めることが重要です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所になります。水は流れる性質を持っています。流れ続けることが大事です。流れが滞ったときは流れを切り替えなければいけません。易でみますと、剣士が真剣を取っている姿が見えます。心に秘めた思いがあります。水の流れが強く表れています。そして、努力を続けると宝を得るのです。繰り返し修繕することで、運は上がっていきます。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所になります。畑の土でいろいろな作物を産む大地になります。易でみますと、良い風が吹いています。そのそよ風になびいてください。安定してきます。流れは、夏場に雷のエネルギーが強くなるように、頑張ることができます。しかも、石の中からダイヤモンドをつかめます。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は震宮同会します。太陽が昇る東の方位になり、行動性を発揮できる場所になります。易でみますと、心のなかに思いが強くなります。その思いは、雨が降った後で苔(こけ)が水分を吸って青々としてきます。鮮やかな変化が生まれます。流れは、隼(はやぶさ)が獲物である雉(きじ)を取れます。収穫が得られるのです。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は巽宮同会します。優しい場所になり、踏まれてもヘコタレない場所でもあります。易でみますと、馬に乗って鹿を追っています。馬鹿になって楽しんでいる姿がみえます。 一心同体な状態です。流れは、新月が池に映っています。新月は朔月のことです。見えない月は池に映りません。妄想に注意が必要です。

2021年 5月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は巽宮同会します。木のエネルギーになります。その種類は草に喩えられます。大地にしっかり根付きます。踏まれても枯れることはありません。 易でみますと、心の窓を広く開けると明かりが入ってきます。気持ちをゆったりとして受け入れることです。流れは、良い変化が表れてきます。その変化を活用すると、安全性が高くなります。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は中宮同会します。気学では中宮で生まれます。スタートの場所になります。易でみますと、鍋・釜には蓋があると料理が美味しくできます。鶴は家族を大事にする鳥と言われています。親しめる気があります。流れは、尊いものと賤しいものの区別ができて、奢りを減らせて真心で接する人間関係を持てるようになります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は乾宮同会します。乾は乾いた気です。変化を顕(あらわ)す場所になります。 易でみますと、いろいろな考えが心に浮かんできます。なかなか纏まりません。先が見えない状態です。流れは、関所が閉じてしまっています。気持ちの自由が得られないのです。焦ることはありません。自然に振る舞うことで何かしらのヒラメキが出てきます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は兌宮同会します。兌は口が開いて、楽しんでいる姿になります。楽しむことは生きる喜びに繋がります。 易でみますと、芙蓉の花に霜が載っています。ちぐはぐな状態になっています。流れは、親しむ状態になれます。ホッコリとしていますが、気あって形は見えていません。親しめることを大事にしてください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮は高くそびえる山になります。また、少年の気でもあります。何かしら目標があるとエネルギーが強くなれます。 易でみますと、そびえている険しい山に霧が立ちこめています。目標が達成するか不安な状態です。流れは、内面の葛藤が強くなります。その緊張感を持って進んでください。崖っぷちを乗り越えることができます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は離宮同会します。離は離れることになります。集中していたものから離れるのです。悪く言えば飽きっぽい状態です。易でみますと、桃(もも)と李(すもも)が自分の花がキレイだと主張している姿が見えています。ただ、相手の良さを尊重はできているので大丈夫です。流れは、正道を大事にしないと食い違いが生じます。人間関係に気をつけることです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎は季節で言いますと、冬になります。活動的な場所ではありません。易でみますと、月が霧の中に隠れています。鶯が春を待っている状態です。 流れは、貴人が山に隠れています。なかなか春の兆候が見えて来ません。じっくり待つことが大切な時です。余計なことはできるだけ避けてください。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は坤宮同会します。坤は母なる大地になります。育み、慈しむ大地です。易でみますと、とても良い変化が表れてきます。その変化から全てが始まってくるのです。 流れは、朝に風が吹いていますが、月がまだ出ておりスッキリしません。疎んじる面があっても親しみを持って、行動すると良いでしょう。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は震宮同会します。震は震(ふる)えるになります。震動すると良い場所です。行動することを念頭に生活してください。易でみますと、窓より月を見ています。気あって形なしです。思い付いたら行動することを率先することです。流れは、行動しないと後悔してしまいます。疎んじる気が強くなります。親しむ気を前面に出すと良いでしょう。

2021年 4月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は震宮同会します。動く場所になります。行動することで運気は上がるのです。易で現在の状態をみますと、思い込んだ行動は避けた方が良いでしょう。人間関係で溺れてしまいます。良いと思って進みますと、失敗する可能性が高くなります。思い込みに気をつけると、人間関係に方向性が出て、和めるようになります。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は巽宮同会します。さわやかな風が吹いている場所になります。しっかりその風をうけとめると良いと思います。易でみますと、心の窓を大きく開いてください。今まで見えなかったものが見えてきます。流れは、見えてきたものに夢中になってしまいます。秋になると葉っぱが風に翻るように、急に冷めてしまうでしょう。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は中宮同会します。中宮は出口がない場所、またはスタートする場所になります。易でみますと、朝に風が吹いています。しかし、月が見えておりスッキリしない状態です。朝は生命が躍動して親しめますが、月が残っているのです。流れは、継続する気持ちを持ち続けることです。焦らず、続けてください。焦ると、失敗してしまう傾向になります。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は乾宮同会します。直感的な単独行動性に優れた場所になります。行動が誤解されやすいので注意してください。 易でみますと、相手と競うエネルギーが強くなります。相手の良さを理解することです。 流れは、尊いものと卑しさの違いが明確になります。虎の尾を踏まないような注意深さが必要です。多少、虎の尾を踏んでも喰われません。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しめる場所と言われています。稔りの秋だとも言われます。収穫を得るには細心の注意も必要です。易でみますと、達成したのですが、スッキリしていません。もっと得られたはずだとの気持ちが出てきます。流れは、得られなかった不安が強くなります。達成したことに納得することです。気持ちの切り替えが大切になります。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮は山の象を持っています。山は高いほど素晴らしいですね。高い目標を持つことが大事です。 易でみますと、寂しく困難な状態が見えています。烏(からす)が枯れ木にないています。 心に潤いがなくなってしまいます。流れを見ると、鯉が龍門に登っていけます。登竜門の暗示が見えています。素晴らしいことがあるでしょう。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしの良い頂上の場所になります。しっかり見極めて進むと良いと思います。 易でみますと、崖っぷちの状態になりやすいので注意が必要になります。流れは、人との出逢いが良くなります。恋愛・仕事に関して、納得できる出会いがあるでしょう。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所ですので、流れに気をつけると良いと思います。流れが停滞したら、気持ちの切り替えをしてください。落ち込まなくなります。易でみますと、集中力が高いのですが、飽きっぽさもあります。流れは、太陽が西の山に沈んでしまいます。エネルギーが弱くなります。しっかりタイミングを取って、ちぐはぐに注意されると良いでしょう。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所になります。与える喜びが生まれてきます。易でみますと、頭が二つある蛇になってしまいます。決められない状態です。ただ、いったん決めてしまうと、人の言うことは聞かなくなります。流れは、調和性があり常の状態になります。咎めもなく、誉れもありません。本当に普通の状態が見えています。

2021年 3月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は坤宮同会します。与える喜びが生まれてきます。 母なる大地の場所になります。 易でみますと、『壮士、剣をとるの象』『匣中、物を秘すの意』です。 真剣になれます。心に秘めたエネルギーは強いのです。 流れは『貴賤、位を正すの象』『奢りを損して孚を存すの意』になります。 貴いものと賤しいことの区別ができてきます。 奢らずに人と接する気持ちになれます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は震宮同会します。動くことで振動が生まれる場所になります。 動くと相手に影響をもたらすので、行動することに心がけると良いと思います。 易でみますと、『橋上往来の象』『三月説びありの意』です。 出会いがあります。その縁を生かすことが大切になります。 活かせるように努力すると良いでしょう。 流れは『麟角、肉あるの象』『雁、衡陽に至るの意』になります。 努力の成果が表れてきます。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は巽宮同会します。そよ風が吹く場所です。 そよ風は気持ちがとても良いですね。 調和の気持ちを持って、人と接するようにすると良いでしょう。 易でみますと、『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前に兵ありの意』です。 鳥は風に乗って飛ぶと体力が消耗しません。 流れは『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』になります。 エネルギーが強くなりますが、見極めは大切な要素になります。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は中宮同会します。正に中心の場所です。 良い面と悪い面があると言われています。 良い面はスタートする場所になり、悪い面は八方塞がりの場所です。 易でみますと、『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』成果が出ても、 物足りない気持ちが生まれます。 流れは、『雉、網中に罹るの象』『秋葉、風に翻るの意』になります。 夢中になりますが、一挙に冷めてしまうでしょう。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動性・直感性の場所とも言われています。 ヒラメキが強くなりますが、思い込みには注意した方が良いでしょう。 易でみますと、『風、塵埃を揚げるの象』『花を見て雨にあうの意』です。 風はいろんなものを巻き上げます。 着想がたくさん出てきますが、思い込みは要注意です。 流れは『山中、木を植えるの象』『千里一歩の意』になります。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は兌宮同会します。喜びが溢れた場所とも言われています。 楽しんで過ごすことを進めます。 易でみますと、『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』です。 思い切って行動すると、楽しめる状態になります。 流れは『鴉、枯れ木になくの象』『沢中、湿(うるおい)を脱すの意』になります。 ホドホドにしないと脱力感が出てきます。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は艮宮同会します。一般的には少年の場所と言われています。 人は夢を持つとエネルギーが強くなります。ワクワク感は幸せをもたらします。 易でみますと、『常山の蛇の如しの象』『花街に馬を走らすの意』です。 目標が定まると楽しくなってきます。 流れは『菓、樹頭にあるの象』『鳳出でて鸞に逢うの意』になります。 とても良い流れになります。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は離宮同会します。集中と諦めの場所になります。 集中の時のエネルギーは凄いものがあります。 また、嫌になりますと極端に冷めてしまいます。 易でみますと、『海人、魚を求むの象』『病夫、市にいくの意』です。 求むエネルギーは強いのですが、満足できない気持ちがあります。 流れは『二人水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』になります。 極端な気の流れが見えます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所になります。水は形がありません。 どんな器にも従います。相手に合わせる傾向が強いのです。 易でみますと、『腐草、蛍火の象』『金を売って、物を買うの意』です。 変化する気が見えています。基本的には良い変化です。 流れは『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ、鳳舞うの意』になります。 交流の気が盛んになります。この変化を生かすことです。

2021年 2月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎は土が欠けると書きます。穴ぼこの場所になります。 穴があると落ちてしまう危険性があり、慎重に行動することが大事です。 易でみますと、『尊卑、分定まるの象』『虎の尾を履むが如しの意』です。 物事の区別ができて、慎重に進める状態です。 流れは、『鍋・釜、ふたを得るの象』『鶴鳴き、子和するの意』になります。 人間関係はぴったりと符号して良くなります。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地になります。坤は土に申すと書きます。 土との対話をすることができる状態です。作物は土で育ちます。 易でみますと、『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ鳳舞うの意』です。 交流できる状態です。 流れは『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』になります。 良い変化が生まれてきます。しっかり段取りを決めて進んでください。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は震宮同会します。動いて行く場所になります。 震は雨と辰で成り立っています。雷がゴロゴロして稲光(辰)が見えます。 行動できるエネルギーが強くなっています。 易でみますと、『龍、水中に動くの象』『草昧、寧(やす)からずの意』です。 まだ龍は天に登っていけません。動くことで登っていけます。 流れは『風、濾花を払うの象』『ライシ、邦を利するの意』になります。 動くことで良い結果が現れてきます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は巽宮同会します。爽やかな風の場所になります。 巽は己(おのれ)二つが共に生きることです。 己は自分のことで、もう一人の自分をしょって生きています。 易でみますと、『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅綻(ほころ)ぶの意』です。 自然の状態で、流れは『狐、泥中を涉るの象』『穽(おとしあな)を作って、 自ら落ちるの意』になります。焦らず自然に従うことです。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は中宮同会します。中は中心になります。産まれた場所で中継でもあります。 繋いでいく場所になります。 易でみますと、『芙蓉、霜を載せるの象』『西施、国を傾くの意』です。 ちぐはぐな状態になります。認識をしっかりすることが大切です。 流れは『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅綻ぶの意』になります。 自然に待つことで、運は開けていくのです。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は乾宮同会します。乾は天になります。天はかわいていて実体はありません。 正に『気』になります。 易でみますと、『鼎だい調味の象』『微服、宋を過ぎるの意』です。 安定した良い変化が生まれます。 流れは『門内、賊ありの象』『石上蓮を栽えるの意』不安が現れてきます。 それは思い込みからきています。 思い込みの気が強くなった時は、視点を変えることが必要です。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は兌宮同会します。兌は口をあけて楽しんでいる姿になります。 楽しい時に人は口をひらいて笑えます。楽しむことができる場所です。 易でみますと、『黄花、そうせいの象』『少女、母に従うの意』です。 素直に楽しめる状態があります。 流れは、『狐、泥中を渉るの象』『穽を作って、自ら落ちるの意』になります。 楽しみを求め続けてはいけません。 ホドホドにすることで楽しみに持続性をもたらします。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮は『とどまる』状態を表す場所になります。 とどまって何をした方が良いかです。目標設定をすることがポイントになります。 大きな目標があるとエネルギーは強くなるでしょう。 易でみますと、『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』です。 静止してとどまる中から、ヒラメキが生まれてきます。 流れは『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて、彼説ぶの意』になります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は離宮同会します。離の言葉は会者定離の意味を含んでいます。 離れは、気持ちの変化は必ずあることを表しています。 『山上、関を鎖ざすの象』『葛るい身に纏(まと)うの意』出口が見えない状態です。 流れは『含弘、斐あるの象』『品物資って生ずるの意』になります。 纏われているモノから離れることができます。気持ちの変化が生まれます。 この変化を大事にすると良いと思います。

2021年 1月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年
平成2・11・20・29年
令和8年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしの良い場所になります。 しっかり見極めると豊かにスタートが切れる年です。 易でみますと、スッキリした状態ではありません。 『川を渡って未だかわかずの象』『雷雨、緩散の意』です。 流れは見極めなければいけないエネルギーを感じます。 流れは『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』になります。 進退のタイミングが取れるでしょう。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年
平成1・10・19・28年
令和7年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所です。 水は流れる性質を持っています。流れ続けることが本来的になります。 流れが滞ると腐ってしまいます。流れを変える必要があります。 流れを変えるには、状況の確認と対策が必要です。 現状を見極めて、手を打つことになります。 易でみますと、『貴人、山に隠れるの象』流れは『千里一歩の意』です。 前に着実に進める方向性が出てきます。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年
平成9・18・27年
令和6年生まれ
  今月は坤宮同会します。正に母なる大地の場所になります。育み、慈愛の場所です。 易でみますと、『鼎だい調味の象』『微服、宋を過ぎるの意』になります。 良い変化が生まれきます。しかも安全な状態になっています。 流れは、『菓、樹頭にあるの象』『鳳出でて、鸞に逢うの意』になります。 滅多にない出逢いが期待できるのです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年
平成8・17・26年
令和5年生まれ
  今月は震宮同会します。雷さんがゴロゴロとなっています。 動く変化が感じられます。動きが大切な月になります。 易でみますと、『山の中に木を植えるの象』『千里一歩の意』です。 確実に前に進める状態です。 流れは、『風、塵埃(じんあい)を揚げるの象』『花を見て、雨にあうの意』になります。 風はいろいろなモノを巻き上げます。しっかり見極めて動いてください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年
平成7・16・25年
令和4年生まれ
  今月は巽宮同会します。爽やかな風の場所とも言われています。 気持ちが爽やかなことは幸せなことです。 易でみますと、『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ、鳳舞うの意』です。 爽やかな風に乗って交流して楽しむことができます。 流れは、『貴人、山に隠れるの象』『井をうがって泉なしの意』になります。 楽しみは一時的なものです。自己をしっかり見つめることが大切です。 虚しさをコントロールすることが必要です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年
平成6・15・24年
令和3年生まれ
  今月は中宮同会します。産まれた場所になります。 スタートする気持ちが大切です。 易でみますと『窓より月を見るの象』『気あって、形無しの意』です。 スタートの時はこれからどうなるかわかりません。不安と期待が混ぜあっているのです。 流れは『風、慮花(ろか)をはらうの象』『ライシ、邦を利するの意』になります。 良い風が吹いてきます。その風に乗ってください。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年
平成5・14・23年
令和2年生まれ
  今月は乾宮同会します。この場所は単独行動ができる場所になります。 自分の世界を確立することができるのです。 易でみますと、『菓、樹頭にあるの象』『鳳出でて、鸞に逢うの意』です。 滅多にないことが起こり、しかもそれをつかめるのです。 流れは『龍、変化を示すの象』『万物よって始まるの意』になります。 素晴らしい変化がもたらされます。しっかり捉えてください。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年
平成4・13・22・31年
令和元年生まれ
  今月は兌宮同会します。この場所は体全体から喜ぶエネルギーになります。 結果が出やすい場所です。 易でみますと、『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』です。 動くことで、成果を得ることができます。 流れは『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて、彼説ぶの意』になります。 戯れて楽しんでいる姿が見えています。 同調の気があり、自然にしたがっていけます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年
平成3・12・21・30年生まれ
  今月は艮宮同会します。高くそびえる山の場所になります。 山は高い方が雄大です。目標も高いほどやりがいがあります。 易でみますと、『地を掘って宝を得るの象』『破屋、重ねて修むの意』です。 継続的努力をすることで宝を得るのです。繰り返しの大切さが大事になります。 流れは『含弘斐あるの象』『品物資って生ずるの意』になります。 母なる大地でいろいろなものが生まれてきます。 しかも、優しく面倒見も良くなります。