占いのやかたMOON > 九星・易占コーナー

九星・易占コーナー

2021年 3月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は坤宮同会します。与える喜びが生まれてきます。 母なる大地の場所になります。 易でみますと、『壮士、剣をとるの象』『匣中、物を秘すの意』です。 真剣になれます。心に秘めたエネルギーは強いのです。 流れは『貴賤、位を正すの象』『奢りを損して孚を存すの意』になります。 貴いものと賤しいことの区別ができてきます。 奢らずに人と接する気持ちになれます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は震宮同会します。動くことで振動が生まれる場所になります。 動くと相手に影響をもたらすので、行動することに心がけると良いと思います。 易でみますと、『橋上往来の象』『三月説びありの意』です。 出会いがあります。その縁を生かすことが大切になります。 活かせるように努力すると良いでしょう。 流れは『麟角、肉あるの象』『雁、衡陽に至るの意』になります。 努力の成果が表れてきます。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は巽宮同会します。そよ風が吹く場所です。 そよ風は気持ちがとても良いですね。 調和の気持ちを持って、人と接するようにすると良いでしょう。 易でみますと、『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前に兵ありの意』です。 鳥は風に乗って飛ぶと体力が消耗しません。 流れは『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』になります。 エネルギーが強くなりますが、見極めは大切な要素になります。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は中宮同会します。正に中心の場所です。 良い面と悪い面があると言われています。 良い面はスタートする場所になり、悪い面は八方塞がりの場所です。 易でみますと、『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』成果が出ても、 物足りない気持ちが生まれます。 流れは、『雉、網中に罹るの象』『秋葉、風に翻るの意』になります。 夢中になりますが、一挙に冷めてしまうでしょう。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動性・直感性の場所とも言われています。 ヒラメキが強くなりますが、思い込みには注意した方が良いでしょう。 易でみますと、『風、塵埃を揚げるの象』『花を見て雨にあうの意』です。 風はいろんなものを巻き上げます。 着想がたくさん出てきますが、思い込みは要注意です。 流れは『山中、木を植えるの象』『千里一歩の意』になります。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は兌宮同会します。喜びが溢れた場所とも言われています。 楽しんで過ごすことを進めます。 易でみますと、『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』です。 思い切って行動すると、楽しめる状態になります。 流れは『鴉、枯れ木になくの象』『沢中、湿(うるおい)を脱すの意』になります。 ホドホドにしないと脱力感が出てきます。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は艮宮同会します。一般的には少年の場所と言われています。 人は夢を持つとエネルギーが強くなります。ワクワク感は幸せをもたらします。 易でみますと、『常山の蛇の如しの象』『花街に馬を走らすの意』です。 目標が定まると楽しくなってきます。 流れは『菓、樹頭にあるの象』『鳳出でて鸞に逢うの意』になります。 とても良い流れになります。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は離宮同会します。集中と諦めの場所になります。 集中の時のエネルギーは凄いものがあります。 また、嫌になりますと極端に冷めてしまいます。 易でみますと、『海人、魚を求むの象』『病夫、市にいくの意』です。 求むエネルギーは強いのですが、満足できない気持ちがあります。 流れは『二人水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』になります。 極端な気の流れが見えます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所になります。水は形がありません。 どんな器にも従います。相手に合わせる傾向が強いのです。 易でみますと、『腐草、蛍火の象』『金を売って、物を買うの意』です。 変化する気が見えています。基本的には良い変化です。 流れは『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ、鳳舞うの意』になります。 交流の気が盛んになります。この変化を生かすことです。

2021年 2月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎は土が欠けると書きます。穴ぼこの場所になります。 穴があると落ちてしまう危険性があり、慎重に行動することが大事です。 易でみますと、『尊卑、分定まるの象』『虎の尾を履むが如しの意』です。 物事の区別ができて、慎重に進める状態です。 流れは、『鍋・釜、ふたを得るの象』『鶴鳴き、子和するの意』になります。 人間関係はぴったりと符号して良くなります。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地になります。坤は土に申すと書きます。 土との対話をすることができる状態です。作物は土で育ちます。 易でみますと、『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ鳳舞うの意』です。 交流できる状態です。 流れは『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』になります。 良い変化が生まれてきます。しっかり段取りを決めて進んでください。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は震宮同会します。動いて行く場所になります。 震は雨と辰で成り立っています。雷がゴロゴロして稲光(辰)が見えます。 行動できるエネルギーが強くなっています。 易でみますと、『龍、水中に動くの象』『草昧、寧(やす)からずの意』です。 まだ龍は天に登っていけません。動くことで登っていけます。 流れは『風、濾花を払うの象』『ライシ、邦を利するの意』になります。 動くことで良い結果が現れてきます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は巽宮同会します。爽やかな風の場所になります。 巽は己(おのれ)二つが共に生きることです。 己は自分のことで、もう一人の自分をしょって生きています。 易でみますと、『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅綻(ほころ)ぶの意』です。 自然の状態で、流れは『狐、泥中を涉るの象』『穽(おとしあな)を作って、 自ら落ちるの意』になります。焦らず自然に従うことです。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は中宮同会します。中は中心になります。産まれた場所で中継でもあります。 繋いでいく場所になります。 易でみますと、『芙蓉、霜を載せるの象』『西施、国を傾くの意』です。 ちぐはぐな状態になります。認識をしっかりすることが大切です。 流れは『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅綻ぶの意』になります。 自然に待つことで、運は開けていくのです。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は乾宮同会します。乾は天になります。天はかわいていて実体はありません。 正に『気』になります。 易でみますと、『鼎だい調味の象』『微服、宋を過ぎるの意』です。 安定した良い変化が生まれます。 流れは『門内、賊ありの象』『石上蓮を栽えるの意』不安が現れてきます。 それは思い込みからきています。 思い込みの気が強くなった時は、視点を変えることが必要です。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は兌宮同会します。兌は口をあけて楽しんでいる姿になります。 楽しい時に人は口をひらいて笑えます。楽しむことができる場所です。 易でみますと、『黄花、そうせいの象』『少女、母に従うの意』です。 素直に楽しめる状態があります。 流れは、『狐、泥中を渉るの象』『穽を作って、自ら落ちるの意』になります。 楽しみを求め続けてはいけません。 ホドホドにすることで楽しみに持続性をもたらします。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮は『とどまる』状態を表す場所になります。 とどまって何をした方が良いかです。目標設定をすることがポイントになります。 大きな目標があるとエネルギーは強くなるでしょう。 易でみますと、『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』です。 静止してとどまる中から、ヒラメキが生まれてきます。 流れは『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて、彼説ぶの意』になります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は離宮同会します。離の言葉は会者定離の意味を含んでいます。 離れは、気持ちの変化は必ずあることを表しています。 『山上、関を鎖ざすの象』『葛るい身に纏(まと)うの意』出口が見えない状態です。 流れは『含弘、斐あるの象』『品物資って生ずるの意』になります。 纏われているモノから離れることができます。気持ちの変化が生まれます。 この変化を大事にすると良いと思います。

2021年 1月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしの良い場所になります。 しっかり見極めると豊かにスタートが切れる年です。 易でみますと、スッキリした状態ではありません。 『川を渡って未だかわかずの象』『雷雨、緩散の意』です。 流れは見極めなければいけないエネルギーを感じます。 流れは『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』になります。 進退のタイミングが取れるでしょう。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所です。 水は流れる性質を持っています。流れ続けることが本来的になります。 流れが滞ると腐ってしまいます。流れを変える必要があります。 流れを変えるには、状況の確認と対策が必要です。 現状を見極めて、手を打つことになります。 易でみますと、『貴人、山に隠れるの象』流れは『千里一歩の意』です。 前に着実に進める方向性が出てきます。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坤宮同会します。正に母なる大地の場所になります。育み、慈愛の場所です。 易でみますと、『鼎だい調味の象』『微服、宋を過ぎるの意』になります。 良い変化が生まれきます。しかも安全な状態になっています。 流れは、『菓、樹頭にあるの象』『鳳出でて、鸞に逢うの意』になります。 滅多にない出逢いが期待できるのです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は震宮同会します。雷さんがゴロゴロとなっています。 動く変化が感じられます。動きが大切な月になります。 易でみますと、『山の中に木を植えるの象』『千里一歩の意』です。 確実に前に進める状態です。 流れは、『風、塵埃(じんあい)を揚げるの象』『花を見て、雨にあうの意』になります。 風はいろいろなモノを巻き上げます。しっかり見極めて動いてください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は巽宮同会します。爽やかな風の場所とも言われています。 気持ちが爽やかなことは幸せなことです。 易でみますと、『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ、鳳舞うの意』です。 爽やかな風に乗って交流して楽しむことができます。 流れは、『貴人、山に隠れるの象』『井をうがって泉なしの意』になります。 楽しみは一時的なものです。自己をしっかり見つめることが大切です。 虚しさをコントロールすることが必要です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は中宮同会します。産まれた場所になります。 スタートする気持ちが大切です。 易でみますと『窓より月を見るの象』『気あって、形無しの意』です。 スタートの時はこれからどうなるかわかりません。不安と期待が混ぜあっているのです。 流れは『風、慮花(ろか)をはらうの象』『ライシ、邦を利するの意』になります。 良い風が吹いてきます。その風に乗ってください。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は乾宮同会します。この場所は単独行動ができる場所になります。 自分の世界を確立することができるのです。 易でみますと、『菓、樹頭にあるの象』『鳳出でて、鸞に逢うの意』です。 滅多にないことが起こり、しかもそれをつかめるのです。 流れは『龍、変化を示すの象』『万物よって始まるの意』になります。 素晴らしい変化がもたらされます。しっかり捉えてください。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は兌宮同会します。この場所は体全体から喜ぶエネルギーになります。 結果が出やすい場所です。 易でみますと、『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』です。 動くことで、成果を得ることができます。 流れは『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて、彼説ぶの意』になります。 戯れて楽しんでいる姿が見えています。 同調の気があり、自然にしたがっていけます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は艮宮同会します。高くそびえる山の場所になります。 山は高い方が雄大です。目標も高いほどやりがいがあります。 易でみますと、『地を掘って宝を得るの象』『破屋、重ねて修むの意』です。 継続的努力をすることで宝を得るのです。繰り返しの大切さが大事になります。 流れは『含弘斐あるの象』『品物資って生ずるの意』になります。 母なる大地でいろいろなものが生まれてきます。 しかも、優しく面倒見も良くなります。

2020年 12月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は艮宮同会します。何かしらの希望・目標があるとエネルギーが強くなります。易で見ますと、『地を掘って、宝を得るの象』『破屋、重ねて修むの意』です。目的感をもって努力すると集中力が高まります。 繰り返し、続けることが大事です。 流れは、『龍、水中に動くの象』『草昧、寧からずの意』になります。龍は天に登れますがまだ形が見えていません。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は離宮同会します。頂上の場所で見晴らしがとても良いですね。 易で見ますと、『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて彼説(よろこ)ぶの意』です。楽しんでいる姿が見えています。流れは、『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』になります。今月は楽しんで行くことで良い月になるでしょう。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所ですので、気持ちの切り替えが大切です。人に合わせ過ぎると一人になりたい欲求が強くなります。 易で見ますと、『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前に兵ありの意』です。適度な緊張感が必要です。 流れは、『雷、地を出でて震うの象』『石中、玉をつむの意』になります。緊張感を持続することで運が開けます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は坤宮同会します。正に母なる大地です。大地の恵みを受けたいですね。易で見ますと、『満地錦繍の象』『人、玉階に登るの意』です。とても良い状態になります。しかし、甘えが出てしまうと流れは、『頤中、物ありの象』『夫婦、閨に怒るの意』になります。しっかり噛み砕くことです。相手を敬うことが大事になります。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は震宮同会します。行動することが大切な場所になります。易で見ますと、『山中、木を植えるの象』『千里一歩の意』です。苗木を山に植えるのです。少しずつしか育ちません。ゆったりとした気持ちを持つと良いと思います。流れは、『オウ風船を覆すの象』『枝折れ、幹たおるの意』になります。焦らないこと。焦ると、精神的に落ち込みます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は巽宮同会します。幸せを呼び込む月になれます。直感を活かして、運を掴んでください。 易で見ますと、『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅綻ぶの意』です。自然に従うことが良いのです。空に雲が何層にも群がってくると必ず雨が降ってきます。自然の流れ。『麟角、肉あるの象』『雁、衡陽に至るの意』になります。この流れを大切にされると良いでしょう。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は中宮同会します。中宮は出口がありませんがスタートの場所になります。易で見ますと、『山中に木を植えるの象』『千里一歩の意』です。一歩一歩進む月です。流れは『山上、関を鎖ざすの象』『葛ルイ身に纏うの意』になります。焦ることはありません。一歩一歩前に進みますので、安心して頑張ると良いでしょう。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は乾宮同会します。直感性と単独行動性の場所になります。ヒラメキを活かして動いてください。 易で見ますと、『桃李、美を競うの象』『方円、用ありの意』です。 エネルギーが強く発揮されてきます。流れは『頤中、物ありの象』『夫婦、閨に怒るの意』になります。人間関係で、どうしても噛み合わせが悪い状況になります。その時は同調するのではなく、自分の決めた考えで進んでください。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しく感じることに向かって行ける場所になります。易で見ますと、『蛟龍、天に登るの象』『羝羊、ふるるを喜ぶの意』です。枠をはみ出して大丈夫です。流れは『猛虎、角を生ずるの象』『錦を着て夜行くの意』になります。あまりにもやり過ぎてしまうと、相手にされなくなります。ほどほどにすると良いと思います。

2020年 11月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は兌宮同会します。お茶目な少女の場所になります。楽しんでいくことが大事な月です。 易で見ますと、『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』です。思う存分に楽しんで行動することです。流れは、『川をわたって、未だかわかずの象』『雷雨緩散の意』になります。楽しむだけでなく、目標設定すると楽しむエネルギーが充実します。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮は少年の場所とも言われています。夢を持つことは年齢に関係ありません。希望に向かう生き方は豊かです。 易で見ますと、『尊卑、分定まるの象』『虎の尾を履むが如しの意』です。素直な気持ちで接することが運気を上げるのです。流れは、『桃李、美を競うの象』『方円、用ありの意』になります。調和性が良くなります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は離宮同会します。火の場所になります。木は火があると燃えていきます。火が強すぎますと、どんどん木が必要です。易で見ますと、『暁風、残月の象』『相親しみ、相疎んじるの意』です。スッキリしない状態です。流れは『オウ風、船を覆すの象』『枝折れ、幹たおるの意』 周りの状況をしっかり見極めることが大切です。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は坎宮同会します。水は常に流れています。流れが留まると腐ってしまいます。流れを変えることが大切です。易で見ますと、『黄花そうせいの象』『少女、母に従うの意』です。水の流れはスムーズに運ばれています。流れは『地勢、淵に望むの象』『寡をもって、衆をふくすの意』になります。水の流れが滞っていきます。気持ちの切り替えをすると、また流れ出します。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は坤宮同会します。育む大地の場所になります。与える喜びが強いのですが、優柔不断に注意してください。易で見ますと、『金、巌中にあるの象』『浅水、船をやるの意』努力をして、焦らないことが大事です。流れは『麟角、肉あるの象』『雁、衡陽に至るの意』になります。とても良い状態の月になるでしょう。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は震宮同会します。方位は東になります。太陽が昇る場所になります。エネルギーは強いのです。 易で見ますと、『暗夜、灯を揚げるの象』『管鮑、金を分かつの意』です。人間関係で、特に友人との関係が良くなります。一生付き合う関係が芽生えるでしょう。流れは、『雉、網中に罹るの象』『秋葉、風にひるがえるの意』集中しますが、飽きっぽい面も出てしまいます。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は巽宮同会します。幸せを呼び込む場所になります。結婚する人がたくさんいます。易で見ますと、『鼠、倉稟を穿つの象』『旧を去って、新を生ずるの意』です。イライラしても結果が現れてきます。 流れは『壮士、剣を取るの象』『匣中、物を秘すの意』真剣に向き合うことができるようになります。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は中宮同会します。人は中宮で生まれます。生まれた時は先が見えません。塞がれています。徐々に拡がっていきます。易で見ますと、『常山の蛇の如しの象』『花街に馬を走らすの意』です。方向性が定まるとエネルギーが強くなります。 流れは『山沢、気を通ずの象』『鶯吟じ、鳳舞うの意』良い運気が見えています。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動性・直感性に優れた場所になります。何かひらめいたことを進める月です。ヒラメキを大切にしましょう。易で見ますと、『限界性になっています』しかし、流れは『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅綻ぶの意』になります。春がめぐってきます。ヒラメキを活かして良い月にしてください。

2020年 10月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は乾宮同会します。全てのスタートをもたらす場所になります。そして変化が始まる月です。 易で見ますと、『鍋・釜、蓋を得るの象』『鶴なき子和するの意』です。料理は蓋があると美味しくできます。人間関係もピッタリの良い状態です。流れは『尊卑、分定まるの象』が見えています。相手を尊敬・敬愛できる関係です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は兌宮同会します。兌の意味は悦(よろこ)びになります。楽しむことができる月です。大いに楽しんで欲しいと思います。 易で見ますと、『鼠、倉稟を穿つの象』『旧を去って、新を生ずるの意』です。イライラすることが多くても大丈夫、安定できる状態が表れてきます。流れは、『巌険雲焔の象』『花を生じて、未だひらかずの意』になります。まだまだ、先が完全には見えていません。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は艮宮同会します。艮の意味は山であり、静止になります。どっしり動かない場所です。 易で見ますと、『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』になります。方向性が定まり安定してきます。みを持てる状態です。 流れは『二人水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』人間関係は親しき中に礼儀ありです。相手に甘え過ぎることは慎んだ方が良いでしょう。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は離宮同会します。頂上の場所になります。見晴らしが良いので、見極めることができてきます。 易で見ますと、『門内、賊あるの象』『石上、蓮を栽えるの意』イライラすることがあっても、気にしないことです。石の上には蓮は育ちません。 切り離しておいてください。流れは、『山上、関を鎖ざすの象』『葛ルイ、身に纏うの意』になります。焦らずに見極める月です。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は坎宮同会します。坎は土が欠けると書きます。穴になっています。落ち込みやすい場所です。 易で見ますと、限界性になっています。耐えることでエネルギーが蓄積されてきます。流れは、『猛虎、角を生ずるの象』『錦を着て、夜行くの意』になります。限界性からの解放が強く現れてきます。やり過ぎに注意することに心がけてください。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は坤宮同会します。坤は母なる大地で従順さをもたらす場所になります。易で見ますと、『並行、相叛くの象』『咎めもなく誉もないの意』です。普通の状態で問題ありません。流れは、『川をわたって、未だかわかずの象』『雷雨、緩散の意』になります。スッキリしない気持ちが出てきます。来月に備えて、準備・段取りをすると良いと思います。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は震宮同会します。震は動きを表します。 心が動く、体が動くになります。易で見ますと、『頤中、物ありの象』『夫婦、閨に怒るの意』です。噛み合わせが悪くなります。人間関係の噛み合わせは気をつけて欲しいと思います。特に夫婦関係は注意が必要です。流れは『桃李、美を競うの象』『方円、用ありの意』になります。相手を尊重することで、円満になります。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は巽宮同会します。巽は風の場所になります。一般的にはそよ風です。さわやかな気持ちになれる場所です。易で見ますと、『門前に穽(おとしあな)あるの象』『寒蝉、風に悲しむの意』です。良い風ではありません。流れを見ますと、『山沢、気を通ずの象』『鶯、吟じ鳳舞うの意』になります。良い風に変わってきます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は中宮同会します。出口がない場所ですので、八方塞がりの場所と言われています。逆に考えますと、これから出口が拡がっていくのです。易で見ますと、『桃李、美を競うの象』『方円、用ありの意』です。競うエネルギーが強くなっていきます。流れは『尊卑、分定まるの象』『虎の尾を履むが如しの意』になります。相手を尊重する気が強くなります。

2020年 9月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は中宮同会します。生まれた場所になります。スタートの場所でもあります。 どこに進むかがポイントです。 易でみますと『窓より月を見る象』『気あって形なしの意』になります。 漠然としていて、ハッキリしていません。 流れは『暁風、残月の象』『相親しみ相疎んじるの意』スッキリしません。 朝になってきていますので、徐々に血流が体全体に流れて行きます。 焦らずに時の流れに従うと良いでしょう。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は乾宮同会します。龍の場所でもあります。龍は天に登るエネルギーです。 思い切りがとても大事です。 易でみますと『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』になります。 獲物を獲る喜びと獲った後の虚しさが混在しています。 流れは『雉、網中に罹るの象』『秋葉、風にひるがえるの意』です。 一瞬の喜びの大切さを大事にすることです。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しみを持てる場所になります。 楽しみはエネルギーの発散になります。 易でみますと『馬に乗って、鹿を追うの象』『我動いて、彼説(よろこ)ぶの意』になります。 流れは『腐草、蛍火の象』『金を売って、物を買うの意』です。 楽しんで良い変化が生まれてきます。今月はエンジョイの月です。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は艮宮同会します。目標を設定するとエネルギーが強くなる場所です。 高い目標を持つことを進めます。 易でみますと『芙蓉、霜を載せるの象』『西施、国を傾くの意』になります。 ちぐはぐになりますので注意が必要です。 ハニートラップに気をつけてください。 流れは『曩中、物あるの象』『雨後、苔色の意』です。 見極めていくことで、安定していきます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしが良い場所です。それを活かすことが必要になります。 易でみますと『海人、魚を求むの象』『病夫、市に行くの意』求めるエネルギーは強いのですが、満足を得られません。 流れは『オウ風、船をくつがえすの象』『枝折れ幹たおるの意』台風(ハリケーン)が去るまで待つことです。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は坎宮同会します。落ち込みやすい場所になります。 見極めることが大切になります。 易でみますと『風、塵挨をあげるの象』『花を見て雨にあうの意』です。 流れは、『山中、木を植えるの象』『千里一歩の意』になります。 後戻りはありません。前に進めます。必ず展望が見えてきます。 挫けずに一歩一歩進むと良いでしょう。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は坤宮同会します。母性溢れる場所になります。 与える喜びが強くなりますが、優柔不断にもなるので注意が必要です。 易でみますと『常山の蛇の如しの象』『花街に馬を走らすの意』になります。 方向性がなかなか定まらないのですが、いったん決めてしまうと迷いがありません。 流れは『海人、魚を求むの象』『病夫、市に行くの意』方向性が決まらず満足のできない状態です。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は震宮同会します。動くことで運気が上がる場所になります。 行動がポイントの月です。 易でみますと『馬に乗って、鹿を追うの象』『我動いて、彼説(よろこ)ぶの意』動きは楽しみをもたらします。 流れは『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』エネルギーが強く、 幸運をつかむでしょう。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は巽宮同会します。幸せを呼び込む場所になります。 そよ風が吹いています。その風を活かすと運は上昇して行きます。 易でみますと『龍、変化を示すの象』『万物資って始まるの意』です。 流れは『蛟龍、天に登るの象』『羝羊、ふるるを喜ぶの意』変化運が来ています。 この運を活かすことで恐れがなくなり、喜びをもたらします。

2020年 8月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は巽宮同会します。風の場所になります。風には強風とそよ風があります。 そよ風を活かすことで、幸せを呼び込むことができます。 易でみますと『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前に兵ありの意』です。 注意深く状況判断が必要になります。 流れは『山に登って平安の象』『物をはかって平らかに施すの意』です。 一歩一歩、確実に進むことができます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は中宮同会します。出口がない場所です。無理をすることは慎しんでください。 易でみますと『オウ風、船を覆(くつがえす)の象』『枝折れ、幹たおるの意』になります。 無理をしてしまうと、流れは『門内、賊ありの象』『石上、蓮を植えるの意』です。 不安が強くなり、育つことができなくなります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は乾宮同会します。直感の場所であり、また思い込みが強くなる場所でもあります。 易でみますと『満地、錦繍の象』『人、玉階に登るの意』ヒラメキが良くなります。 流れは『鼠、倉凛を穿つの象』『旧を去って、新を生ずるの意』です。 やり過ぎてしまい、イライラする傾向が強くなりますが、最終的には開けて行けます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は兌宮同会します。基本的に喜びが持てる場所です。楽しんで欲しいと思います。 易でみますと『地勢、淵に望むの象』『寡を持って、衆を伏すの意』崖っぷちで、 緊張感が強くなります。リラックスすることが大切になります。 流れは『二人、水に溺れるの象』『宝を載せて、船破るの意』です。 今月は無理をしないように心がけすることです。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は艮宮同会します。少年のように、夢を持つと楽しい月になります。 流れは『黄花、そうせいの象』『少女、母に従うの意』です。 素直に従うと良いと思います。流れは『少女、男を追うの象』『転倒齟齬の意』になります。 率直すぎますと食い違いが生じてしまいます。バランスを取ることが必要です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしがとても良い場所で頂上運になります。 易でみますと『山沢、気を通ずの象』『鶯、吟じ鳳舞うの意』気の交流が盛んになります。 流れは『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』この流れを最大限に活かすと巡り合わせが良くなります。 めったにない運の流れです。直感をはたらかして進んでください。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所になります。水の流れに気をつけていけば大丈夫です。 易でみますと『順風、駕帆の象』『泙水、相逢うの意』になります。良い風が吹いています。 その風を掴んで帆を貼って進めます。人間関係で良い出会いがあります。 流れは『風、塵挨(じんあい)をあげるの象』『花を見て雨にあうの意』です。 調子に乗りすぎないことが必要です。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所です。与える喜びが強くなります。 母性で優しさをコントロールすることが大事です。 易でみますと『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前に兵ありの意』です。 緊張感を持って人間関係を築くことです。 流れは『山に登って平安の象』『物をはかって平らかに施すの意』になります。 公平性が良い人間関係をもたらします。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は震宮同会します。動くことが必要な場所です。 気分のむらが強く、気が乗りません。 易でみますと『烏(カラス)、枯れ木になくの象』『沢中、潤いを脱すの意』です。 流れは、突然のヒラメキが生まれます。 『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』です。 ヒラメキが必ず起きてきます。それまでは悠然とすることが大切になります。

2020年 7月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は震宮同会します。震える場所で、動きを表します。 季節に喩えると春の息吹きになります。 易でみますと、『猛虎、角を生ずるの象』『錦を着て夜行くの意』です。 牙を持っている虎に角を生じてしまいます。またキレイな着物を着て、夜行きます。 やり過ぎてしまいます。流れは落ち着いてきます。『咎めもなく、誉れもないの意』です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は巽宮同会します。順風が吹いています。 逆に緊張感が乏しくなるので、人間関係に注意です。 易でみますと、『二人、水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』良い風が甘えを生んでしまいます。 その甘えに注意すると、とても良い状態になります。 『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』です。 方向性を持つことで運が開けます。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は中宮同会します。真ん中に位置します。運命は留(とど)まることはありません。 螺旋を描いて動きます。 易でみますと、『暁光、海に浮かぶの象』『花落ちて実を結ぶの意』になります。 流れは『川をわたって、未だかわかずの象』『雷雨、緩散の意』になります。 実を結ぶので、焦ってはいけません。じっくり対処することです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は乾宮同会します。この場所は直感が強くなる場所です。 乾宮を仕事で活かすと成功すると言われています。 易でみますと、『鼠、倉凛を穿つの象』『旧を去って新を生ずるの意』になります。 流れは、『満地錦繍の象』『人、玉階に登るの意』です。 まさしく直感を活かす流れが見えています。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は兌宮同会します。この場所は実りの秋です。何かしらの結果が出る月になります。 その結果を活かすことが大切です。 易でみますと、『含弘、斐あるの象』『品物、資って生ずるの意』で、 流れは『山に登って平安の象』『物をはかって平らかに施すの意』になります。 実りの結果を一歩づつ進めると良いでしょう。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は艮宮同会します。そびえ立つ山の場所になります。 高いことが良く、大きな目標を持つことでエネルギーが強くなります。 易でみますと『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅ほころぶの意』です。 雲が何層にも群がると、すぐには雨は降りませんが必ず降ってきます。 雪の中で梅が綻ぶと春がきます。 流れは『暁風、残月の象』でスッキリしない状態ですが方向性は正しいのです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は離宮同会します。九星の配置は一番上部で頂上の場所とも言われています。 見晴らしが良い場所になります。 易でみますと、『巌険雲烟の象』『花を生じて未だひらかずの意』まだ先が見えていません。 流れは『門内、賊ありの象』『石上、蓮を栽えるの意』気持ちがまとまらず、育ちません。 焦らずにじっくり進むことです。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所になります。水は形がありません。 方円の器に従えます。 易でみますと『果、樹頭にあるの象』『鳳出でて鸞に逢うの意』滅多にない出会いがあります。 その出会いを活かすことが必要です。 流れは『鼎ダイ調味の象』『微服、宋を過ぎるの意』になります。良い変化が起こります。 この変化を活かすことがポイントです。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所になります。 ですので、与える喜びの強い月になります。 易でみますと『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』です。 方向性が定まって、和みが持てます。 流れは『風、塵埃(じんあい)をあげるの象』『花を見て雨にあうの意』になります。 しっかり観察することが大事です。

2020年 6月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は坤宮同会します。包みこみ与える喜びがある場所です。母なる大地とも言われています。易でみますと『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて彼説(よろこぶ)の意』です。優しさを楽しんでいます。流れは『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』になります。準備・段取りができて豊かな気持ちになれます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は震宮同会します。季節に喩えますと春になります。春は躍動感が満ちています。易でみますと『暗夜、灯を揚げる象』です。助けあうエネルギーが強くなるのです。流れは『雉、網中に罹るの象』『秋葉、風にひるがえるの意』になります。思い込みが強くなると、周りの気持ちが見えなくなるので気をつけることです。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は巽宮同会します。とても良い風が吹いてきます。その風に乗ることを勧めます。易でみますと『龍、変化を示すの象』『万物、資って始まるの意』です。しっかり風を捉えることが大事です。流れは『蛟龍、天に昇るの象』『羝羊、触 るるを喜ぶの意』になります。決定して物事に向かって進むエネルギーが強くなるのです。障害を乗り越えることができます。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は中宮同会します。中宮は生まれた場所です。原点回帰すると良いと思います。易でみますと『雉、網中に罹るの象』網はすなわち世界になります。この世界に生かされています。流れは『門内、美を競うの象』『明、遠きに及ばざるの意』になります。人間関係で自己を確立していかなければいけません。遠きに及ばざるは葛藤になります。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は乾宮同会します。乾はかわくの意味です。質量がなく、『気』になります。易学は乾の気から始まるのです。 その易でみますと『順風駕帆の象』『泙水相あうの意』です。巡り合わせが良く、前に進めます。流れは『風、塵埃を揚げるの象』『花を見て雨にあうの意』になります。観察力を持って行動すると運は開けていきます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は兌宮同会します。お茶目な少女の気が支配してきます。しっかり楽しんでください。易でみますと『黄花そうせいの象』『少女、母に従うの意』です。素直に楽しむことです。流れは『少女、男を追うの象』『転倒齟齬の意』になります。食い違いが生まれてしまいます。はめをはずすことは慎むことです。誤解を招じます。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は艮宮同会します。高くそびえる山の場所になります。その山に登っていけると素晴らしいですね。山は目標のことです。易でみますと『暁風、残月の象』『相親しみ、相疎んじるの意』です。気持ちは積極性がありますが、行動することができません。流れは『鍋・釜、蓋を得るの象』『鶴なき子和するの意』になります。ゆっくり進むと大丈夫です。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は離宮同会します。見晴らしが良いので気持ちは良いと思います。易でみますと『尊卑、分定まるの象』『虎の尾を履むが如しの意』見分けをつけることができ、従う気持ちが支配するので虎の尾を踏んでも喰われません。素直に従うことができるのです。流れは『桃李、美を競うの象』『方円、用ありの意』になります。競争力と調和性のバランスがよくなります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所ですが流れがスムーズになっています。周りの人との調和性も良い状態になります。 易でみますと『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』です。流れは『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』になります。水の流れが豊かで方向性が定まるでしょう。

2020年 5月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は坎宮同会します。定位置の場所です。本来持っているエネルギーを活かすとで運を上げることができます。易でみますと『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』で、流れは『鯉龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』になります。水の形がない形状を活かしていくことができるのです。そして、気持ちの切り替えができると楽しめます。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は坤宮同会します。定位置になります。正に母なる大地です。大地の恵みを活かすことが大切になります。易でみますと『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』流れは『芙蓉、霜を載せるの象』『西施、国を傾くの意』になります。運は螺旋(らせん)を動いて回ります。『ちぐはぐ』を感じましたら、行動を慎むことが大事になります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は震宮同会します。定位置になります。動くことすなわち行動するエネルギーが強くなる月です。ただ闇雲に行動することは危険です。段取りをしっかり決めて動くことを勧めます。易でみますと『山上、関を鎖ざすの象』『葛るい、身に纏うの意』流れは『門内、賊ありの象』『石上、蓮を裁えるの意』になります。しっかりと準備してください。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は巽宮同会します。定位置になります。風が吹いてきます。良い風か悪い風かを見極めることが必要です。易でみますと『順風、駕帆の象』『泙水、相あうの意』良い出逢いがあります。思い込みは注意をする必要があります。流れは『二人、水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』になります。しっかり観察されることがポイントです。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は中宮同会します。定位置の場所です。求めるエネルギーは強いのですが、八方が塞がれています。出口がありません。無理はしないことです。易でみますと『海人、魚を求むの象』『病夫、市に行くの意』です。流れは『密雲、雨降らずの象』『雪中、梅ほころぶの意』になります。今月は無理して進めることは止めた方が良いと思います。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は乾宮同会します。定位置の場所です。この場所は直感性・単独行動性が強いエネルギーになります。直感がピタリとはまると成果が出てきます。ただ、思い込みが強くなると噛み合わなくなってしまいます。易でみますと『桃李、美を競うの象』『方円用ありの意』です。流れは『頤中、物あるの象』『夫婦、閨に怒るの意』になります。人間関係に気をつける月です。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は兌宮同会します。定位置になります。楽しめる場所です。楽しいことが見つかると無心に楽しめるでしょう。 易でみますと『飛鳥、山を過ぎるの象』『門前、兵ありの意』です。流れは『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』傲る平家は久しからずです。楽しいことは長く続きません。何かしら、生きがいになる楽しみを持つことを勧めます。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は艮宮同会します。定位置になります。夢を持つことで、エネルギーが強くなれます。少年の場所です。易でみますと『新月、池に映ずるの象』『誉れあり、謗りあるの意』です。まだ夢は見えません。新月は朔月で池に映りません。流れは『馬に乗って鹿を追うの象』『我動いて彼説(よろこぶ)の意』になります。イメージを現実化することがポイントです。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は離宮同会します。定位置になります。離宮は頂上の場所ですので、見晴らしが良いと言われています。遠くまで見えることは先見に繋がります。易でみますと『暗夜、灯を揚げるの象』『管鮑、金を分かつの意』です。未来を共有できる人間関係が見えてきます。流れは『龍、変化を示すの象』『万物、資って始まるの意』になります。

2020年 4月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は離宮同会します。離宮は頂上の場所にあります。見晴らしが良いので、いろいろなものが見えてきます。見えたものを見極めるとさらに運が良くなります。 易でみますと『満地、錦繍の象』『人玉階に登るの意』です。豊かな状態が見えています。流れは『月、霧里に隠れるの象』『寒鶯、春を待つの意』になります。見晴らしは良いのですが、見極めることが大切ですね。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は坎宮同会します。水の場所です。水は流れることが大事です。流れが滞ると腐ってしまいます。気持ちを切り替えることで流れます。易でみますと『曩中、物ありの象』『雨後、苔色の意』です。わだかまりが出ますが切り替えることで変わります。流れは『俊隼、雉を獲るの象』『残花、雨を待つの意』です。 常に気持ちの切り替えを意識してください。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地の場所です。辛抱強いエネルギーが見えています。気の使い過ぎに注意すると良いでしょう。易でみますと『風、塵埃(じんあい)を揚げるの象』『花を見て雨にあうの意』流れは『月、霧里に隠れるの象』『寒鶯、春を待つの意』になります。注意深く、物事に対処すると良いのです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は震宮同会します。振動する場所になります。動き始めるをモットーにしましょう。易でみますと『龍、水中に動くの象』『草眛、寧からずの意』いずれは天に登る龍が水の中で動き始めたのです。まだどのような形になるか混沌としています。流れは『馬に乗って、鹿を追うの象』『我動いて、彼説(よろこぶ)』です。楽しみながら、方向性が見えてきます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は巽宮同会します。そよ風が吹いている場所です。その風をまんべんに受けると良いのです。バランスを取るためにはとても良い月になります。易でみますと『桃李、美を競うの象』『方円用ありの意』調和性が出てきます。流れは『暁光、海に浮かぶの象』『花落ちて実を結ぶの意』になります。バランスを取ることで、一定の結果が表れます。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は中宮同会します。今は冬の時期だと思うことです。必ず春がめぐってきます。易でみますと『雷、暑にあって震うの象』『石中、玉をつむの意』です。待つことが必要になります。流れは『風、蘆花を払うの象』『ライシ邦を利するの意』です。とても良い風が吹いてきます。周りの助けを受けて、運が上がってきます。待てば日和ありです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動性が強くなる場所です。単独行動性のベースはヒラメキになります。ひらめいて動けるエネルギーが強く表れます。易でみますと『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』流れは『鯉、龍門に登るの象』『妓歌、衆従うの意』になります。直感を活かして、行動すると素晴らしい結果が待っています。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は兌宮同会します。実りの秋・収穫の秋とも言われる場所になります。実りは喜びに繋がり楽しい気が支配するのです。易でみますと『含弘、斐あるの象』『品物、資って生ずるの意』流れは『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』になります。いろいろな楽しみが持てるとともに、行動する喜びが得られます。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は艮宮同会します。夢のない人は夢を持つことができます。少年の場所と言われています。易でみますと『二人水に溺れるの象』『宝を載せて船破るの意』です。自律性がポイントです。自分の世界で進むことです。自分の目標設定があると他者との調和性が出てきます。流れは『衆星、北に向かうの象』『和楽、隔てなきの意』になります。

2020年 3月の九星・易占

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今月は艮宮同会します。何かしらの目標・希望を持つとエネルギーが強くなります。年盤と月盤が同じ場所です。 ですので、少年のように希望が持てると運は安定してきます。易でみますと『俊隼、雉を獲るの象』で獲物を取れるのです。飽きっぽい傾向があるので注意すると良いでしょう。継続することで、運気は良くなります。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今月は離宮同会します。まさに見晴らしが良い場所になります。しっかり見極めて欲しいですね。見極めることで運気は安定してきます。年盤と月盤が同じ位置です。易でみますと『雷、地を出でて震うの象』『行止、時に従うの意』です。進むも行くのも見極めることです。優柔不断になりやすいので、基本的に決めたことをやることで運が上がります。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今月は坎宮同会します。寒い場所になります。寒い時は勉強すると身につきます。特に年盤と月盤が同じ位置ですので、一年間学習すると良いと思います。易でみますと『腐草、蛍火の象』『金を売って物を買うの意』です。勉強することを勧めます。流れは『芙蓉、霜を載せるの象』になります。ちぐはぐな傾向になります。常に継続することがポイントです。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今月は坤宮同会します。母なる大地です。いろいろな物を育てはぐくみます。 年盤と月盤が同じですので、準備・段取りをしっかりすると良いでしょう。 易でみますと『満地、錦繍の象』『人、玉階に登るの意』エネルギーが前に進んで行きます。流れも『雷、地を出でて震うの象』になります。形は直ぐに現れてきませんが必ず現れてきます。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今月は震宮同会します。振動する場所になります。動きが出てきます。そのエネルギーを有効に使うと良いのです。 易でみますと『曩中、物ありの象』『雨後、苔色の意』動くことで、鮮やかなものが見えてきます。そして流れは『山に登って平安の象』『物を測って、平らかに施すの意』年盤と月盤が同じ震宮ですので、動くことをテーマにすると良いでしょう。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今月は巽宮同会します。一般的には良い場所と言われています。不思議なもので結婚される人が多いのです。幸せを呼び込む場所ですね。易でみますと『暁光、海に浮かぶの象』『花落ちて、実を結ぶの意』になります。朝日が海に浮かんでエネルギーが強くなってきます。流れも『方円、用ありの意』です。周りの人との調和性を保つことができるのです。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今月は中宮同会します。一般的には八方が塞がれていますので、注意する場所と言われています。人は全て中宮で生まれきます。螺旋の人生のスタートの場所になります。無知を知り、知を求めることが大切です。易でみますと『龍、変化を示すの象』『万物、資って始まるの意』になります。流れは『暗夜、灯を揚げるの象』ですので、人間関係は豊かになります。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今月は乾宮同会します。単独行動ができ直感性が優れた場所になります。ただ、思い込みに注意する必要はあります。 易でみますと『人、玉階に登るの意』素晴らしいヒラメキが得られます。 そのヒラメキを活かすと流れは『旧を去って、新を生ずるの意』になります。 ヒラメキを活かす場合、多少イライラするでしょうが前に進んでください。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今月は兌宮同会します。楽しめる場所で収穫の秋になります。また、冬を迎える備えの場所でもあります。易でみますと『日、西山に傾くの象』『鳥を見て、矢を失うの意』です。流れは『満地、錦繍の象』『人、玉階に登るの意』になります。先に対する備えが出来ていると、万全になっていきます。現状認識をすることで運は良くなります。

2019年 1年間

あなたの本命星は?
※1月1日から2月3日の節分迄の間に生まれた方は、前年の星になります。

一白水星 一白水星
昭和2・11・20・29・38・47・56年、
平成2・11・20年生まれ
  今年は兌宮同会します。喜びが集まる年になります。意識的に楽しむことが大事です。実りの秋の年。収穫することに専念すると良いと思います。 問題意識がありますと『雨後苔色』になります。雨が降った後、苔は水分を吸って鮮やかな色になります。正に『地を掘って宝を得る』です。
二黒土星 二黒土星
昭和1・10・19・28・37・46・55年、
平成1・10・19年生まれ
  今年は艮宮同会します。目標を設定することで豊かになれる場所に入ります。 少年のように、夢を持って進むと良いでしょう。ぴったりしたものが見つかるはずです。『鍋・釜蓋を得る』が見えています。和みがあるのです。気の流れも『奢りを損して孚を存す』になります。 とても良い人間関係を持てる年です。
三碧木星 三碧木星
昭和9・18・27・36・45・54・63年、
平成9・18年生まれ
  今年は離宮同会します。運命学では離宮に入りますと前厄になります。頂上の場所ですので、見晴らしはとても良いので見極めることが大切です。 『平行相背く』『咎めもなく誉れもない』になります。しかし『川を渡って未だかわかず』です。多少、厄の影響が出やすいので、注意してください。
四緑木星 四緑木星
昭和8・17・26・35・44・53・62年、
平成8・17年生まれ
  今年は坎宮同会します。坎宮は運命学では本厄の年になります。本厄の時に一番にやって欲しいことがあります。それは勉強することです。勉強することで身につきます。『俊隼、雉を捕る』のです。 資格等にチャレンジすると良いでしょう。『門前、兵あり』兵は武器を持っています。味方か敵かを区別してください。
五黄土星 五黄土星
昭和7・16・25・34・43・52・61年、
平成7・16年生まれ
  今年は坤宮同会します。運命学では後厄になります。母なる大地の場所です。豊かで育む場所になります。来年に備える年でもあります。準備・段取りをしていきましょう。『寒鶯、春を待つ』春が近づいています。まだ、寒いのです。必ず春は訪れます。焦ることはありません。 今は『井を穿って泉なし』です。
六白金星 六白金星
昭和6・15・24・33・42・51・60年、
平成6・15・24年生まれ
  今年は震宮同会します。厄が開けて、行動をする年になります。地中の中から芽が息吹く年です。『雷、地を出でて震う』『行止、時に従う』になっています。流れはとても良くなります。『満地錦繍』『人、玉階に登る』です。閃いたことを、そのまま行動して良いでしょう。エネルギーが強くなります。
七赤金星 七赤金星
昭和5・14・23・32・41・50・59年、
平成5・14・23年生まれ
  今年は巽宮同会します。一般的に幸せを呼び込む年と言われています。良いことがおきますが、注意することです。 『残花、雨を待つ』になります。良いことは続きません。豊かさは永遠ではないのです。『飛鳥、山を過ぎる』になります。基本的には今を楽しんで、流れを大切にすることです。
八白土星 八白土星
昭和4・13・22・31・40・49・58年、
平成4・13・22年生まれ
  今年は中宮同会します。中宮は中心の場所になります。一般的には八方塞がりの場所と言われています。出口がありません。そこを意識することです。新しいこと、無理なことはやってはいけません。 『枝折れ、幹たおる』『門内、賊あり』『石上、蓮を植える』です。じっくり、慎重に物事を進めることが大切になります。
九紫火星 九紫火星
昭和3・12・21・30・39・48・57年、
平成3・12・21年生まれ
  今年は乾宮同会します。直感が働く強い場所になります。乾宮で独立すると成功する確率が高いと言われています。 『鯉、龍門に登る』『妓歌、衆従う』です。ただ、気をつけて頂きたいことがあります。それは、思い込みが強くなってしまうことです。人の意見を聴かなくなります。『烏、枯木に泣く』『沢中、潤いを脱す』です。